インプラント治療の成否を決める

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。
現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
もっと詳しく⇒歯の黄ばみを取る